ビューティ

ファイントゥデイ資生堂が社名変更、資生堂の冠を外す

 ファイントゥデイ資生堂は、2023年1月1日付で社名を“ファイントゥデイ”に変更すると発表した。同社によると、「ファイントゥデイグループとして全拠点・機能がより一体となり、自律したメーカーとして一層の企業価値の向上を加速させ、パーパスでもある、世界中の人々へ『素晴らしい一日』を届ける姿勢をより明確に示すために変更した」と説明。なお、コーポレートのロゴの変更はしない。

 ファイントゥデイ資生堂は、資生堂のパーソナルケア事業(日用品事業)を引き継ぎ、資生堂や投資ファンドのCVCキャピタルパートナーズが出資する新会社として2021年5月に設立。同年7月からAsian Personal Care Holding傘下のもと、ヘアケアブランド「ツバキ(TSUBAKI)」やスキンケアブランド「専科(SENKA)」、メンズブランド「ウーノ(UNO)」などのヘアケアやスキンケアなどのパーソナルケア製品のマーケティング・販売を行う。22年8月には、資生堂の生産事業取得について契約締結し、技術開発から生産、販売に至るまで一気通貫のビジネスシステムの構築を推進する。

 “ファイントゥデイ”の語源は、「『毎日を豊かにする素晴らしい製品』を届けたいという思いを込めた“ファイン”と、人生の基本である一日一日を豊かに生きるには、一瞬一瞬の豊かさを積み重ねることの重要性を秘めた“トゥデイ”の単語を掛け合わせた」という。「世界中の誰もが、素晴らしい一日を紡ぎ、いつまでも美しく、豊かな人生を送れるようにすること」をパーパスに掲げ、商号変更後も社名に込めた思いを体現する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。