ファッション

ドーバー北京が移転オープン 「シュプリーム」との限定コラボTシャツ発売

 ドーバー ストリート マーケット 北京(DOVER STREET MARKET BEIJING以下、DSM北京)は11月5日、北京の高級商業施設WFセントラル(WF CENTRAL)内に移転オープンする。この新店舗には、多数の人気ブランドとともに「シュプリーム(SUPREME)」も出店。これにより、同ブランドは中国に初進出する。

 今回の出店を記念し、「シュプリーム」はDSM北京限定のコラボTシャツを発売する。購入方法の詳細は、DSM北京のウィーチャット(微信、WeChat)公式アカウントに記載されているという。また、同ブランドの2022-23年秋冬コレクションも同日に販売を開始する。

 DSM北京は、香港のアパレル企業I.Tとの提携により、2010年にI.T北京マーケット(I.T BEIJING MARKET)として北京のショッピングセンター三里屯太古里にオープン。18年にDSM北京に名称を変更した。新店舗は3層建てで、面積は約2100平方メートルと旧店舗に比べて40%程度広くなっている。

 DSMによれば、「シュプリーム」のDSM北京への出店は数年前には合意に達していたが、コロナ禍の影響や店舗移転などのため、最適な時期まで待っていたという。なお、「シュプリーム」の中国商標局への商標登録は20年1月に認められたと見られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。