ファッション

「アスティエ・ド・ヴィラット」が伊勢丹新宿本店でクリスマス市 オーナメントや日用雑貨が並ぶ

 フランス発のライフスタイルブランド「アスティエ・ド・ヴィラット(ASTIER DE VILLATTE)」は、11月1日から12月25日までの期間、伊勢丹新宿本店 本館2階のザ スペースでクリスマス市をイメージしたポップアップを開催する。ポップアップでは、クリスマスオーナメント(660円〜2万9900円税込、以下同)や陶器、香水(1万3750円〜5万1700円)、日用雑貨など幅広い雑貨を取り扱い、併設するアートギャラリーでは俳優で歌手のルー・ドワイヨン(Lou Doillon)によるデッサンを展示する。

 店舗の中央に登場するクリスマスオーナメントショップには、旧東ヨーロッパやドイツ、アメリカから取り寄せたオブジェが集まる。陶器スタンドにはアスティエ・ド・ヴィラット(Astier de Villatte)が創作したピッチャーや花瓶、カップ、ティーポット、パフュームキャンドル、お香、お香ホルダーをラインアップした。

 テキスタイルにおいては、ゴールドのロゴ入りトートやスエットシャツのほか、ドイツのデザイナー、アンケ・ドレクセル(Anke Drechsel)が手掛けたフリンジクッションや、ニュアンスカラーを組み合わせた市松模様のウールブランケットを販売する。

 パルファンスタンドには、パリの歴史が刻まれた3つの香水が並ぶ。伝説に残る香りを蘇らせ、現代的な香水製造基準に則りながらも当時の贅沢な製法を忠実に再現した。ラインアップは、紀元前4000年の香り “ル・デュー・ブルー”と、ローマ帝国で大流行した香り “アルタバン”、作家・ジョルジュ・サンド(George Sand)が愛用していたローズノートの“レ・ニュイ”。さらに、ブランドを代表する5種類のオードトワレの香りも体験でき、ミニサイズとコフレの提案もある。

 そのほか、6種類の蜂蜜やエッセンシャルオイルが食器用洗剤、ティータオル、エプロン、パフュームキャンドルなど、雑貨が幅広くそろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。