ファッション

「ヒステリックグラマー」と「キコ コスタディノフ」のコラボコレクション発売 水原希子を起用したビジュアルも

 「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」は、「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」とコラボレーションしたカプセルコレクションを発売した。「ヒステリックグラマー」の取扱い店舗と公式オンラインストアで先行販売し、29日にドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)でも取り扱う。

 コレクションは、「キコ コスタディノフ」が過去のコレクションで発表したシルエットをベースに、「ヒステリックグラマー」のアイコニックなグラフィックを落とし込んだデザイン。ロゴを全面に散りばめたデニムジャケット(税込13万2000円)と、スカート付きのジーンズ(同9万9000円)、鮮やかなボーダーのタートルトップ(同4万4000円)、オーバーサイズのニット(同8万8000円)、バイカラーのロングスリーブTシャツ(同5万600円)、「アシックス(ASICS)」とトリプルコラボしたスニーカー(同2万9700円)を用意する。

 コレクションの発売に合わせて、チアリーダーをモデルにしたキャンペーンビジュアルを公開した。撮影は、ロンドンを拠点に活動する写真家ロージー・マークス(Rosie Marks)が担当。また「ヒステリックグラマー」と親交があり、「キコ コスタディノフ」とファーストネームが同じである水原希子を起用したビジュアルも披露した。さらに、両ブランドが共同出版したマークスの写真集「Pretty Hurts (Pretty Hurts)」(同5500円)を発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。