ビジネス

ネオンアーティストのWakuが東京・原宿で個展 有名ロゴを再構築する新たな表現

 ネオンの光を使った作品を発表するアーティストのワク(Waku)は、東京・原宿の「ギャラリー コモン(Gallery COMMON)」で個展“アフターイメージ(Afterimage)”を10月15〜11月13日に開催する。

 同氏はこれまでネオンの光そのものに焦点を当てるため、手描きの線をベースにした抽象的な作品を制作してきた。同展では、企業ロゴといった消費社会的な記号をモチーフに採用。線の太さや角度、色など複数の要素で生活者に強いイメージを想起させるこれらのモチーフを“堅牢なサイン”と捉え、認識の鍵となる要素を誇張したり、転用したりした作品を並べる。

 ワクは1996年東京生まれ。仏教寺院の家に育ち、ロウソクの光が寺や本堂の仏像を照らす体験から、光と光が作り出す空間に対して興味を持つ。2017年にネオンサインの加工会社、島田ネオンで修行をスタート。18年に米ニューヨークに渡り、ネオン職人のデイヴィッド・アブロン(David Ablon)に師事する。帰国後、ネオンサインスタジオgokouを設立して企業向けの作品を手掛けるとともに、アーティストとしても精力的に活動している。

■“Afterimage”
日程:10月15日〜11月13日
場所:ギャラリー コモン
住所:東京都渋谷区神宮前5-39-6 地下1階
時間:12:00〜19:00
休日:月、火曜

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。