ビジネス

23歳の写真家・青木柊野が個展開催 AIなどを用いた実験的な60点

 写真家の青木柊野は、東京・代官山のギャラリー、レイド・バグ(LAID BUG)で個展“cejitos (M1135)”を10月14〜23日に開催する。

 同展では、約60点の写真作品を展示する。青木は抽象写真を得意としており、古いパソコンのストレージ容量に負荷をかけて生じたバグをキャプチャした「luminous body’s」、撮りためた写真からAIを用いて図像を生成した「autonomy」 など、近年挑戦してきたさまざまな表現が見られる。さらに、什器を用いたインスタレーションも写真と合わせて鑑賞できる。展示名の“cejitos”は青木がキーボードで偶然タイピングした文字列で、特に意味はないという。

 青木は1998年生まれ、秋田出身。19歳で音楽と映画の祭典「ムージック・ラボ(MOOSIC LAB)」のメインビジュアルや、雑誌「プロディズム(PRODISM)」で「アンダーカバー(UNDERCOVER)」特集を撮影して注目を集めた。その後も作品を精力的に発表し、現在は主にファッションやコマーシャルの分野で活動している。アナログな撮影からAI、テクノロジー技術を用いるなど表現の幅を広げながら、偶然の中に美しさを見出す、独自の美学を磨き続けている。

■cejitos (M1135)
会期:10月14〜23日
場所:レイド・バグ
住所:東京都渋谷区代官山町2-3 BF
時間:13:00〜20:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。