ファッション

「バーバリー」、新チーフ・クリエイティブ・オフィサーにダニエル・リーを任命 リカルド・ティッシは9月末に退任

 「バーバリー(BURBERRY)」は28日、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)=チーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)が9月末で退任することを発表した。これに伴い、新たなCCOにダニエル・リー(Daniel Lee)を任命した。同ブランドによれば、リー新CCOは10月3日に「バーバリー」に加わり、初コレクションは2023年2月に行われるロンドン・ファッション・ウイーク中に発表するという。

 「バーバリー」は、ティッシCCOとの契約が23年初めに満了を迎えるため、その後任を探すべく複数のデザイナーとコンタクトを取っているとの憶測が9月初旬ごろから広まっていた。その際、21年11月に突然「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のクリエイティブ・ディレクターを退任したリー新CCOの名前も候補に挙げられていた。

 ジョナサン・アクロイド(Jonathan Akeroyd)=バーバリー最高経営責任者は、「リカルドは『バーバリー』がラグジュアリーブランドとして再ポジションニングするに当たり、極めて重要な役割を果たしてくれた。ブランドをモダンにアップデートし、新世代の顧客をもたらしてくれた。『バーバリー』を代表し、心からの感謝を伝えたい。後任となるダニエルは卓越した才能の持ち主であり、現代のラグジュアリー消費者を独自の視点で理解している。商業的な成功を収めてきた高い実績もあり、『バーバリー』の将来的な展望に貢献してくれるものと確信している」と語った。

 リー新CCOは、「英国の伝説的なラグジュアリーブランドである『バーバリー』のエキサイティングな次章をチームと共に作っていけることを、そしてリカルドのレガシーを受け継いでいけることを、大変うれしく思っている」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。