ファッション

チャールズ3世英新国王が、王位継承を正式布告した際に身に着けた時計「パルミジャーニ・フルリエ」

 チャールズ3世英新国王(King Charles III)は現地時間9月10日、ロンドンのセントジェームズ宮殿で行われた王位継承評議会に、スイス時計「パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)」で臨んだ。

 新国王が選んだのは、機械式自動巻きの“トリック クロノグラフ”。ケースは18金イエローゴールド製だ。「パルミジャーニ・フルリエ」が創業した2年後の、1998年にスイスの国際時計見本市「S.I.H.H.(サロン・インターナショナル・オート・オルロジュリ、通称ジュネーブサロン、現ウオッチ&ワンダー)」で発表されたもので、2009年まで販売された。

 新国王(当時皇太子)自ら、スイスのリゾート地クロスタースの販売店で購入したという。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。