ビューティ

「シロ」が人気のルームフレグランスをリニューアル 詰め替え用リキッドとスティック、容器を別売りのエシカル消費

 コスメブランド「シロ(SHIRO)」はこのほど、“ルームフレグランス”を“フレグランスディフューザー”に名称変更し、詰め替え用リキッドとスティック、容器を別々に販売していく。すでに全国の直営店舗では試用期間としてスタートしており、9月1日からブランドのオンラインストアと全国の直営店舗で発売を開始する。また、このタイミングに合わせてブランド初のアーティストコラボも実施。第1弾は草木染めを用いたアート作家の山本愛子氏とコラボして、手提げ袋を作成した。

 創業当初から、エシカルな信念に基づくもの作りを続けている「シロ」。人気の“ルームフレグランス”も、より長く使い続けられる仕様にしたいと今回のリニューアルを実施した。“フレグランスディフューザー”の詰め替え用リキッド“フレグランスディフューザーリキッド”(300mL、スティック10本付きで税込5720円)は、リサイクルプラスチック100%からなる廃プラスチック容器を使用。1本で約3カ月分使用できる。“フレグランスディフューザー”用のスティック“フレグランスディフューザースティック”(10本、同770円)は、以前よりも香が広がるよう改良した。専用容器の“フレグランスディフューザーグラスベース”(同4180円)は以前に比べて大きく仕様変更し、ブランドのフレグランスを楽しむのはもちろん、小物入れや花瓶など個々のライフスタイルに合わせて活用できる。

 また、「シロ」では地球環境の負荷軽減を図るため4月1日から手提げ袋を有料化している。しかし「有料であっても手に取り、大切にしたいと思える手提げ袋を作ることが必要」だと考え、アート作家の山本氏とコラボして手提げ袋を作成。リニューアルする“サボン”“ホワイトリリー”の香りから着想を得て、ブランドの製品に使用しているカレンデュラやヨモギなども染料に用いて2点の作品を制作した。“コラボレーションショッパー”(サイズは小・中・大、いずれも税込110円)は9月1日からオンラインストアや全国の直営店舗で提供を開始し、数量限定で無くなり次第終了。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら