ビューティ

「KANEBO」から“うるみ”質感のメイクアイテム 立体感や艶で個性を際立たせるアイテムを発売

 カネボウ化粧品が展開するブランド「KANEBO」は8月5日、“うるみ”の質感にファーカスを当てたメイクアイテムを発売する。ぷっくりとした“うるみ膜”をまとうティントタイプのリップコートや、立体感を引き立てる“うるみ艶”を仕込むマルチジェリーなど個性を際立たせるアイテムが登場する。

 “ティントリップコート”(限定4色、税込各3300円)は3種の保湿成分を贅沢に配合し、透明感のある美しい発色が続くティントタイプのリップコート。みずみずしい透明感に加え生命感を感じさせるディープレッド、落ち着きのあるカラーととろける蜜のような質感が合わさった、軽やかな印象のメルティ―オレンジ、深みのあるディープブルーに血色感が合わさって自分だけの色に変化するヴィンテージモーヴ、パールを織り込んだゴールドブラウンに赤みが加わった華やかなカッパーブラウンの4色をそろえる。また、口紅のカラーと保湿感を長時間キープするリップコート“リップラスティングコート”(税込3520円)も発売する。

 そのほか、目元や頬にも使えるマルチアイテム“ポップタップジェリー”(限定4色、税込3300円)も登場。心地よい“うるみ感触”のジェリーが、肌につけた瞬間にしなやかに肌にフィットし、“うるみ艶”が持続する。偏光ピンクがきらめくトゥインクルピンク、透け感のあるモーヴが妖艶に輝くスパークルモーヴ、艶と血色感を演出するヘルシーブロンズ、上気したような艶のある表情へと導くトゥワイライトローズをラインアップする。

 さらに、ネオフラットな仕上がりに導く既存の口紅“N-ルージュ”(税込4400円)に新色としてモーヴピンクとブラウンレッドが限定で登場。既存の4色アイシャドウ“レイヤードカラーズアイシャドウ”(税込6050円)には新色として、アンティークローズのブーケをイメージしたノスタルジックローズ、野生の情景からインスパイアされたワイルドランドスケープの2色が限定で登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら