ビューティ

「ミース」が韓国OEM最大手のCOSMAXと技術提携 海外向けの新製品開発に着手

 美肌研究家のソンミが手がけるスキンケアブランド「ミース(MEETH)」はこのほど、韓国OEM・ODM最大手のCOSMAX(コスマックス)と技術提携を締結したと発表した。すでに展開している製品は引き続き国内で生産するが、今後、独自の美容成分の開発と研究を行う韓国のmeeth R&Dセンターにおいて、COSMAXとともにグローバルに向けた新製品の開発に着手する。

 「ミース」はグローバル展開を進める中で、それぞれの国で肌質や肌悩み、気候や文化などの影響からスキンケアのニーズが異なることが常に大きな課題だったという。今回の提携を機に、COSMAXの技術と研究データを活用しながら、「より一層、世界中の人々の美肌へ深くアプローチできる製品作りにまい進する」(広報担当)と意気込む。

 同ブランドは、“美肌は最大のジュエリー”をコンセプトに2019年に誕生。創業当時からグローバル展開に注力しており、韓国とシンガポール、スペインの3カ国に支社を構える。台湾ではベストコスメ賞を受賞するなどアジアを中心にファンを増やし、1月にはシンガポールの大型ショッピングセンター「プラザ・シンガプーラ」にブランド初のショップをオープンした。また、10月にマレーシアへの出店を控えている。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。