ファッション

「ディオール」が「ヴァレンティノ」に対する損害賠償請求を翌日に撤回 スペイン広場のショーを巡ってトラブル

 「ディオール(DIOR)」は、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」が伊ローマのスペイン階段でオートクチュール・コレクションのショーを開催したことで近隣店舗が営業困難となったとして損害賠償を求めていたが、翌日にその要求を撤回したようだ。

 情報筋によると、「ディオール」は、「ヴァレンティノ」に対して15日以内に10万ユーロ(約1300万円)の支払いを求める書簡を送ったが、今度はそれを無視するよう求めているという。また、その際に両メゾンの「友好関係」や「互いに対する尊敬の念」という言葉が使用されたという。

 米「WWD」が確認したクリスチャン ディオール イタリア(CHRISTIAN DIOR ITALIA)のリテールマネージャー名義の書簡によると、コンドッティ通りの角にあるスペイン階段に面した「ディオール」の店舗が開店休業状態となったと主張。「ヴァレンティノ」に対して15日以内に10万ユーロ(約1300万円)を支払うよう求めていた。

 「ディオール」が1日で要求を撤回した理由は明らかになっていないが、世界最大のラグジュアリーコングロマリットの一員である「ディオール」の規模からみても今回の行動は多くの人が「ケチ」だと感じたようで、ソーシャルメディア上で批判を浴びていた。

 「ディオール」によると、「ヴァレンティノ」はスペイン広場という有名な観光名所でイベントを開催するために数カ月前から警察や複数の関係当局に許可を求めていたという。また、「ヴァレンティノ」が6月27日に近隣の小売店に対して送付した書簡には、「通常と変わらない来客数を保証」すると記載されていたものの、ショー当日の夜の状況は「一切(約束が)守られていなかった」という。

 「ディオール」は、ブティックへのアクセスが「妨げられ」、顧客は「通行を拒否され、障壁でブロックされた」ため、店舗は「午後の早い時間から開店休業状態だった」と述べ、イベントが「確実に収益が(大きく)上がる日」である金曜日に開催されたことで損害が「増幅」したと主張し、「ヴァレンティノ」が期日までに10万ユーロを支払わない場合、「ディオール」は「権利を守るために必要な手段をすべて講じる」と主張していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。