ファッション

「ヴァレンティノ」がビンテージウエアを販売 1970年代のドレスやコートも

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、同ブランドのビンテージウエアを販売する“ヴァレンティノ ヴィンテージ テイクオーバー”を、東京・代官山のビンテージストア「ザ ヴィンテージ ドレス(The Vintage Dress)」で6月7日から19日まで開催する。

 同イベントは、過去から未来へ、メゾンのウエアの新しい循環を目指すプロジェクト“ヴァレンティノ ヴィンテージ”の一環として、東京、伊ミラノ、米ニューヨーク、ロサンゼルスの4都市で同時開催。各都市のビンテージストアを期間限定で貸し切って実施する。「ヴァレンティノ」は同プロジェクトを数段階のフェーズに分けて実施しており、今回が第2フェーズとなる。昨年10月にスタートした第1フェーズでは、公式ホームページに特設サイトを開設し、ビンテージストアと協業しながら購入客のビンテージアイテムを直接買い取って回収してきた。今回販売するアイテムは、世界中で回収した中から厳選したものだ。第3フェーズでは、ファッションスクールとの取り組みを予定しているという。

 「ザ ヴィンテージ ドレス」では、ドレスやセットアップ、ブラウス、コートなど、約100点のビンテージウエアを販売する。アイテムは、創業者ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)が手掛けた1970年代、80年代のドレスから、ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=現クリエイティブ・ディレクターによる近年のものまで幅広く、価格帯も数万円から数十万円のものまでさまざまだ。

■“ヴァレンティノ ヴィンテージ”
日程:6月7〜19日
場所:ザ ヴィンテージ ドレス
住所:東京都渋谷区猿楽町22-4

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら