ファッション

「ヨウジヤマモト」が読売巨人軍のユニホームを“漆黒”に 選手も絶賛、「これを着て打たれるわけにはいかない」

 「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」は、プロ野球チームの読売ジャイアンツの公式ユニホームをデザインした。“漆黒”をテーマにしたウエアとキャップで、トップスは胸に筆記体のロゴを刺しゅうし、襟と袖先には白いラインを入れた。キャップは球団ロゴの下にブランドロゴを刺しゅうした。デザイナーズブランドのロゴが公式ユニホームに採用されるのはプロ野球史上初めてだ。キャップの生産はオフィシャルサプライヤーであるニューエラが、ユニホームはミズノが担当した。

 同ユニホームは、9月6~8日に東京ドームで行われる横浜DeNAベイスターズとの3連戦で全選手と監督、コーチが着用する。期間中は来場者先着1万5000人にユニホームを配布し、球場を黒で埋め尽くす。

 7月5日に東京ドームで行われた発表会には、ジャイアンツの高梨雄平投手、吉川尚輝選手、岡本和真選手、翁田大勢投手が登壇。プライベートでは黒い服装が多いという扇田投手は、「好きな色がユニホームになってうれしい。プレーでも格好良く見せて、ユニホームと一緒に輝きたい」とコメント。高梨投手は「これを着て打たれるわけにはいかない。いつも気合いを入れていますが、その3倍くらい気合いモリモリでやります」と語った。岡本選手は「めちゃくちゃ格好いいデザインで、これを着てプレーできるなんて光栄です。黒いアイテムは締まって見えるから、僕のプレーもシュッとして見えるかも」と笑いを誘った。

 発表会に合わせて特設サイトも公開し、ユニホームとキャップ、限定シールが入るプレミアムボックス(税込11万円)を発売した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら