ファッション

「スナイデル」2022年秋 ロングブーツに続く足元の新提案は?

 マッシュスタイルラボの「スナイデル(SNIDEL)」は2022年秋、ロングブーツ×ミニ丈のスタイリングを引き続きプッシュする。ミニ丈ワンピースの仕入れ額は前年同シーズンの6倍。ミニ丈スカート、ショートパンツの展開は2型から9型に拡大する。芯のある女性らしさが感じれられるような、計算された肌見せもポイントだ。ジャケットなどオーセンティックなアイテムも、シルエットバランスをクロップドやミディ丈、オーバーサイズなどに変えて新鮮に見せる。

ローファー&ソックスの新提案

 足元の新提案として、ローファー&ソックスの組み合わせを推す。ソックスは厚めでロング丈のものをくしゅっとたまらせ、スクールガールのようなムードに。トップスにはきれいめのシャツやブラウス、ベストなどを合わせて、子どもっぽくならないように落とし込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。