ファッション

エストネーション22-23年秋冬ウィメンズ、センシュアルさを加えたオフィススタイルを提案

 エストネーション(ESTNATION)ウィメンズの2022-23年秋冬は、社会活動を再開した人々が増えていることから、強みのオフィススタイルを軸に、肌見せアイテムでセンシュアルさを加えて打ち出す。

 ジャケットのインナーは、これまでのブラウスやシャツではなくベアトップやスクエアネックのニットなど軽さを重視した。チェスターコートとベアトップのオールインワンの組み合わせや、「マックスマーラ(MAX MARA)」のジャケットとスリップドレスの組み合わせなど、「重くなりすぎない」ことがスタイリングのポイントだ。春夏から引き続き、抜け感を演出するシアー素材やクロップド丈のアイテムも強化する。また、ミリタリーやパンキッシュをキーワードに、キルトのミニスカートやレザージャケットなどエッジを効かせたアイテムを交えたスタイリングを提案し、世の中に広がるファッションへの前向きな気持ちをさらに盛り上げる。

 21年春夏は、ヒールが売れている。「ジア ボルギーニ(GIA BORGHINI)」の7cmヒールのミュールをはじめ、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」や「マノロ ブラニク(MANOLO BLAHNIK)」のパンプスなどが人気だという。藤井かんなディレクターは、「ボリュームソールの人気が続いていたが、足元はシャープに緊張感を持たせたいという声が高まっているようだ」といい、秋冬もピンヒールのバリエーションを強化した。ブーツはニーハイ丈からミドル丈までレングスのバリエーションをそろえた。

 足元の変化に合わせ、今秋冬はミニスカートやショートパンツなどミニ丈のボトムスを強化した。オリジナルのショートパンツは、シーズンを問わずにベストセラーになっているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。