ビューティ

「ニコアンド」のコスメライン「ティニーティニー」のアンバサダーにとみい&いしだちひろが就任

 アダストリアが運営する「ニコアンド(NIKO AND…)」のコスメライン「ティニーティニー(TINY TINY)」のブランドアンバサダーに、モデルでインフルエンサーのとみいいしだちひろの2人が就任した。イメージアイコンとしてビジュアルやSNSでのプロモーションに登場するほか、コラボレーション商品の監修などさまざまな活動を予定しているという。

 とみいは、現役歯科衛生士ながらSNSを中心に活動し、ユーチューブチャンネルの登録者数10万人を超える。いしだちひろは、モデルや女優など幅広く活躍し“令和のショートヘアが似合う美女”と称され人気を集める。2人はプライベートでも親交があり、互いをメイクアップする動画やVlogなどを発信している。日頃からファッションやメイクアップを楽しんでいる2人と、ブランドのコンセプトがマッチしたことから起用に至ったという。

 とみいは「新しいコスメを買ったらわくわくしたり、普段とは違うメイクをしたら少し自信が持てたり、コスメは私にとって自分自身をもっと好きにさせてくれるような存在です。コスメを通じて皆さんにわくわくを届けられたらと思います!」とコメント。いしだちひろは「普段から大好きなコスメに深く関わることができてとても光栄です。『ティニーティニー』を多くの方に手にとっていただけるように、仲良しのとみいちゃんと2人で楽しみながら素敵なコスメを発信していけたらと思っております!!」と語った。

 「ティニーティニー」は、「服を“きがえる”ように、季節に合わせてメイクも毎日楽しくきがえたい。HAPPYな気持ちになれるわたしサイズの“きがえる”コスメ。」をコンセプトに、ベースメイク、ポイントメイク、スキンケアなどを揃える。7月からはコスメと合わせて、バッグやポーチといった雑貨も取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。