ファッション

マドンナ、英セント・マーチン卒業制作のフロントローに FKAツイッグスと並んで鑑賞

 歌手のマドンナ(Madonna)は24日、ロンドンの名門セント・マーチン美術大学(CENTRAL SAINT MARTINS)の学士(BA)による卒業制作コレクションショーに出席した。「モスキーノ(MOSCHINO)」のレザージャケットを、「ミッドナイトスタジオ(MIDNIGHT STUDIO)」によるスピーカー型のバッグに合わせてコーディネート。会場では、シンガーソングライターのFKAツイッグス(FKA Twigs)と並んで鑑賞した。

 2022年は、115人の卒業生がファッションショーに参加した。肌の露出を控えたモデストファッションから海洋保護、ジェンダーアイデンティティ、ストリート文化、ファンタジー、AI、文化遺産、多様な体型の表現、妊娠・出産をテーマとしたものまで、幅広く社会情勢を汲み取った作品が見られた。インスタグラムのフィルターでルックを試すことができるQRコードを“着用”したルックも話題を集めた。

 大賞にあたるロレアル・プロフェッショナル・ヤング・タレント賞(L’Oreal Professionnel Young Talent Award)を受賞したのは、ニットウエアデザイナーのアリス・モレル・エヴァンス(Alice Morell Evans)。これまで「べサニー ウィリアムズ(BETHANY WILLIAMS)」や「モリー ゴダード(MOLLY GODDARD)」でニットウエアを手掛けた経験を持つ同氏は今回、カルチャー性に富んだ3ルックを披露し、ニットウエアの可能性を広げたと評価された。

 2位には、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」で働いた経験もあるエミール・デルンバッハ(Emil Dernbach)が輝いた。金属とウールを使い、AIなど“不確かなもの”で作られている今の時代を表現したという。ドレスにスウェーデンの国旗などをあしらったダイアナ・ストラング(Diana Strang)は3位を獲得した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら