ビューティ

“NYのマツキヨ”の「テソライフ」で売れる日本のコスメは? NY在住ライターが潜入レポート

有料会員限定記事

 ニューヨークでは、一部の日本の化粧品を日系コスメショップや日系スーパーで手に入れることができるが、“ニューヨークのマツキヨ”とも呼ばれる中国系ドラッグストア「テソライフ(TESOLIFE)」が今、その圧倒的な品ぞろえから在住日本人はもちろん、アジア人や現地ニューヨーカーから人気を博している。

 化粧品以外にも、食品、薬、日用品、キッチン用品などを販売する同店は、中国人企業家のアンディ・リン(Andy Lin)氏が2017年にクイーンズに創業し、現在はニューヨークに6店舗とダラスに1店舗の計7店舗を展開。カリフォルニアを拠点に日本の化粧品を卸売する「オセアナUSA(OCEANA USA)」などの日系サプライヤーと提携することで、3500〜4000点にも及ぶ日本の化粧品を販売している。

 ニューヨークでもじわじわと注目されている「Jビューティ」。今回はアジア人が集まるミッドタウン34丁目のK -town(コリアンタウン)店で、ジャパニーズコスメの売れ筋を聞いてみた。

売り上げNo.1は「ビオレ」の定番日焼け止めアイテム

この続きを読むには…
残り1725⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。