ビューティ

広がる生理用ナプキンの無償提供 ネクイノも実証実験開始

 オンラインの低容量ピルの処方アプリ「スマルナ」を運営するネクイノは、トイレで生理用ナプキンを無料で受け取れる新サービス「トレルナプロジェクト」の実証実験を、5月9日からイオンモール幕張新都心(千葉)のトイレ6箇所で開始した。そのほか、イオンレイクタウンkaze(埼玉)、泉北高速鉄道(大阪・泉ケ丘駅)や南海電鉄(大阪・難波駅、なんばCITYほか)、東急プラザ渋谷など6企業と連携し、5都市9カ所で実証実験を随時実施する。

 ユーザーは、専用アプリ「toreluna」をスマートフォンにダウンロードしトイレ内に設置するディスペンサー横にあるQRコードを読み取ると、生理用ナプキン(「ソフィボディフィット ふつうの日用 羽なし21cm」)を無料で1枚受け取ることができる。2時間ごとに1枚、1カ月あたり7枚が上限。「toreluna」が設置されているトイレに入ると、デジタルサイネージに一定時間の広告動画が表示される仕組みで、広告モデルを基盤とする。各施設では、3カ月以上の実験期間を設け、施設側のニーズやユーザーからのフィードバッグを元にサービス改善につなげる。

 ネクイノは、「スマルナ」をはじめ女性のさまざまな健康課題の解決に取り組んできた。同社が「スマルナ」ユーザー約2500人を対象にした調査では、95%の人が「トイレの個室内に無料で生理用ナプキンを受け取れるサービスがあれば利用したい」、74%が「手元になくて困った経験がある」、55%が「ナプキンの金銭的負担を感じる」と回答。こうしたニーズを踏まえて、共創パートナー企業とともに同プロジェクトを始動した。

 また、ウエルネスを事業領域とするスタートアップ企業のオイテル(東京都、小村大一社長)も2021年に同様のサービスの提供を開始。ららぽーとなどの商業施設のほか、学校や自治体との連携を進めており、生理用ナプキンを無償で提供する動きが広がっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら