ファッション

世界的靴職人、三澤則行が“靴アート”の個展を札幌で開催

 靴のアート作品を生み出す靴職人、三澤則行が札幌市のモエレ沼公園で個展「靴のカタチ(The Contours of Shous)」を開催する。開催期間は5月26〜29日。同展には2月に国際コンクール、グローバル フットウエア アワーズで総合優勝をした「足の巣」や、モエレ沼公園の設計者であるイサム・ノグチの作品にインスパイアを受けた新作3点を展示する予定だ。

 三澤則行はフランス・カンヌ国際映画祭での展示会開催やTOKYO2020オリンピック閉会式のパフォーマンスへの靴提供した実績がある。映画監督のスパイク・リーやパクチャヌク、宮内庁にも製作実績を持つ。

■靴のカタチ(The Contours of Shous)
日程:5月26〜29日
場所:モエレ沼公園 ガラスのピラミッド アトリウム1&2、スペース2
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら