ビューティ

MTGからEC限定の炭酸ケアブランド「メグリー」が誕生

 MTGは4月26日、炭酸セルフケアブランド「メグリー(MEGLY)」を立ち上げ、第1弾アイテムとしてセルフケアデバイス“メグリー”(税込3万円)を公式サイトなどで販売する。

 “メグリー”は導入液を独自技術の炭酸デリバリーシステムで肌に巡らせるミストタイプのセルフケアデバイスとなる。高濃度の炭酸ガスを含んだ導入液は、毛穴の約10分の1の大きさで、まんべんなく効率よく肌に届けることができる。顔だけでなく、デコルテやふくらはぎなど、血の巡りが滞りがちな部位にも使用可能だ。

 同社は、炭酸ガスを使用したデバイスを「プロージョン(PLOSION)」と「リファ(REFA)」でも展開するが、「『プロージョン』がテーマとする即効性、「リファ」の美容効果を融合したのが『メグリー』だ」とブランド担当者は語る。幅広い年齢層を取り込むが、メインターゲットを20〜30代とする。そのためランニングコスト(導入液2本セットで税込5940円、炭酸ガスカートリッジ2本セットで税込3300円)を抑えた。

 販売はオンラインのみだが、同社が運営する旗艦店、ビューティコネクション銀座(BEAUTY CONNECTION GINZA)で体感することができる。また、「プロージョン」と「リファ」のデバイス使用者には下取りを行い、1000円オフで販売する。今後はホワイトニングや敏感肌など肌悩みに応じた導入液の展開を視野に入れる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら