ファッション

指輪型のキャッシュレス決済「エブリング」 MTG子会社が販売開始

 キャッシュレス機能を搭載したリング型ウエアラブルデバイス「エブリング(EVERING)」が9月から日本で一般販売される。販売元のEVERING(東京、川田健社長)は製品に触れられるポップアップストアを6月22日から六本木 蔦屋書店など都内4カ所に開設した。利便性を訴求することで、川田社長は「初年度10万個の販売を目指す」と話す。

 エブリングは指輪型のデバイスにVizaのタッチ決済を搭載することで、クレジットカードやスマートフォンを取り出さずに非接触で買い物ができる。セラミック製のリング内部にICチップが入っており、リーダーに近づけるだけで支払いが終了。スマートフォンのアプリでチャージや機能停止・再開が行え、盗難や紛失の際にも対応できる。リングがリーダーの電波に反応する仕組みのため充電も不要になる。価格は税込1万9800円。

 5月に3000個限定の先行予約を行なったところ、1日で完売した。六本木 蔦屋書店、代官山 蔦屋書店、「ベータ トーキョー(b8ta tokyo)」の有楽町店と新宿店で開催中のポップアップストアでは17種類のサイズを用意して、使い勝手を体験することができる。

 事業展開するEVERINGは、トレーニング機器「シックスパッド(SIXPAD)」や美顔ローラーの「リファ(REFA)」のMTG(名古屋市、松下剛社長)の子会社。MTGが買収した英国のマクレア(McLEAR)のウエアラブルデバイスの技術を用いる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら