ファッション

「ビーツ」が「ステューシー」とコラボ ブルートゥース対応スピーカーを発売

 「ビーツ・バイ・ドクタードレ(BEATS BY DR. DRE以下、ビーツ)」はこのたび、「ステューシー(STUSSY)」とコラボしたスピーカーを発売した。価格は税込2万1500円で、「ステューシー」の公式オンラインストアのみで取り扱う。

 スピーカーは、ブルートゥース対応でポータブルのモデル“Beats Pill+(ビーツピルプラス)”に、「ステューシー」のスカルをパターンとしてデザインしたもの。1度のフル充電で12時間稼動する大容量バッテリーを搭載している。

 ベースとなったモデル“ビーツピルプラス”は、今年1月に「ビーツ」の製品一覧から姿を消し、後継となるモデルについての発表はまだない状態が続いている。現状、コラボで復活した同アイテムが唯一のポータブルスピーカーだ。

 「ビーツ」は、アップル(Apple)傘下のオーディオブランド。ラッパー、音楽プロデューサーのドクター・ドレ(Dr. Dre)とジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)が2006年に設立した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら