ファッション

循環型スタートアップの日本環境設計が35億円の資金調達 豊島や高島屋、ジンズなどが出資

 ポリエステル樹脂と糸のケミカルリサイクル事業を展開する日本環境設計はこのほど、総額35億2000万円の資金調達を行った。既存株主である繊維商社の豊島やベンチャーキャピタル(VC)のQBキャピタルの増資に加え、化学品材料大手でスパイバーの筆頭株主のKISCO、アイウエア大手のジンズホールディングス、高島屋、双日、SMBCベンチャーキャピタルなどが株主に加わった。

 日本環境設計は、回収したポリエステル製の繊維製品から、原料のポリエステルにまで戻して再生するケミカルリサイクル事業「ブリング(BRING)」を展開しており、アパレル製品の回収から再生、販売までを行っている。新規株主にはVCなどのファンドに加え、高島屋やジンズ、横河電機などの多種多様な業種・業界の事業会社が入っており、リサイクル事業のパートナーとして製品開発を加速する考え。既存株主には豊島以外にも、伊藤忠商事や三菱商事らも入っており、有力な商社が揃い踏みとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら