ファッション

「ミュグレー」創業デザイナー、ティエリー・ミュグレーが死去 享年73

 「ミュグレー(MUGLER)」の創業デザイナー、マンフレッド・ティエリー・ミュグレー(Manfred Thierry Mugler)氏が1月23日に死去した。73歳だった。訃報は同氏の公式インスタグラム上で発表されたが、死因は明らかにされていない。

 ミュグレー氏はフランス・ストラスブール生まれ。1970年代の初めにロンドンでファッション業界に足を踏み入れた同氏は、数年後にパリに移動。73年に最初のブランド「カフェ ド パリ(CAFE DE PARIS)」を立ち上げた。74年には「ティエリー・ミュグレー」を設立し、その肩パッドを入れたワイドなショルダーとウェストを絞った逆三角形のシルエットで、80年代から90年代にかけて世界的な人気を博した。フォトグラファーや映画監督としても活躍したほか、セレブリティーをモデルとして起用し始めたデザイナーの一人としても知られている。

 90年には、クラランス グループ(GROUPE CLARINS以下、クラランス)と協業してフレグランス事業に進出。92年に発売した香水「エンジェル(ANGEL)」は、特徴的なスター型のボトルとともに人気となった。97年には、クラランスが「ティエリー・ミュグレー」を傘下に収めた。同社は2002年に同ブランドのウエア事業を終了したが、これに伴ってミュグレー氏はファッション業界から引退。10年にブランド名が「ミュグレー」に改称された。なお、クラランスは19年に同ブランドをロレアル(L’OREAL)に売却している。

 近年では、カーディ・B(Cardi B)が19年に開催された第61回「グラミー賞(Grammy Awards)」の授賞式に「ティエリー・ミュグレー」の1995年の貝殻風ビンテージドレスを着て登場し、大きな話題となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら