ファッション

「ボルトルーム」が叶と葛葉とコラボ 限定ムービーのBGMにYOASOBIのAyase

 東京発の招待制ゲームルーム「ボルトルーム(VAULTROOM)」は、人気Vチューバーの叶と葛葉によるユニット、クロノワール(CHRONOIR)とのコラボアイテムを1月15日に発売する。ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)やGR8(グレイト)、レボリューション(REVOLUTION)、レフ(REF.)で取り扱う。「ボルトルーム」公式ECサイトでは16日に販売を開始する。

 アイテムは、叶と葛葉のキャラクターの顔を刺しゅうしたフーディー(税込2万2000円)や、同様のデザインをバックプリントしたTシャツ(同8800円)のほか、「ボルトルーム」のオリジナルキャラクター“ボルト君”の(怒)バージョンの刺しゅうが付いたロゴフーディー(同1万9800円)をそろえる。なお限定カラーとして、「ボルトルーム」でロゴフーディーのアイスブルーを販売する。

 またコラボを記念して、人気アーティストYOASOBIのボーカロイドプロデューサーのAyaseがBGMを手掛けた限定ムービーを制作した。アニメーション監督には映像作家の大月壮を起用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら