ファッション

ゲームコミュニティー「ボルトルーム」新作のビジュアルに関口メンディー 

 東京発の招待制ゲームルーム「ボルトルーム(VAULTROOM)」は、ゲームにまつわる言葉やロゴを刺しゅうした新作グッズを9月30日に公式オンラインストアで発売する。イメージビジュアルには、EXILEやGENERATIONS from EXILE TRIBEでパフォーマーを務める関口メンディーを起用した。そのほかスタイリングはRIKU OSHIMAが担当し、撮影は岩本幸一郎(KiKi inc.)が、ヘアメイクは木村一真(skavati)が務めた。

 グッズは、銃を射撃したときの反動を指す言葉“リコイル(RECOIL)”と銃のグラフィックが付いたTシャツ(税込8800円)、家庭用ゲーム機のコントローラーを指す“パッド(PAD)” をフロントに刺しゅうし、同様のデザインをバックプリントしたTシャツ(同8800円)の2型を用意する。なお10月前半には、FPS(主観視点のシューティングゲーム)で敵に武器の照準を合わせる“エイム(AIM)”や、オンラインゲームの初心者を指す“ヌーブ(NOOB)”のロゴTシャツ(同8800円)も販売する予定だ。

 「ボルトルーム」は、土井郁輝オーナーら4人が始動した、東京に2拠点、福岡に1拠点を構える日本最大級のゲームコミュニティーだ。普段は有名ブランドのアパレルを製造する土井オーナーの知見を生かしたオリジナルグッズも注目を集めており、今年6月にオープンしたECサイトでは発売と同時に全商品が完売した。またそれらのグッズは、セレクトショップのGR8(グレイト)でも販売し、発売日には約300人が並んだという。定期的に開催するカスタムマッチでは毎試合、オリジナルのアパレルグッズをプレゼントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら