ビューティ

自分へのごほうびに“とびっきりのヒト幹細胞エステ” 【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は希少価値が高いとわれるヒト幹細胞エステについて。

 2021年、皆さま本当にお疲れさまでした。新しい生活様式に慣れてきたとはいえ、例年とは違う毎日。いつの間にか蓄積されてしまった疲れもあることでしょう。そんな状況でも一生懸命頑張った自分を、とびっきりのごほうびエステで癒したい。何より、今年のお肌の不調は今年のうちに解決して、ぴっかぴかのトゥルントゥルンで22年を迎えたい。ということで、今回は“飛びっきりのヒト幹細胞”と噂の最先端のお手入れをご紹介!

延髄由来のヒト幹細胞培養液って?

 やってきたのは副都心線の東新宿駅から歩いて5分ほどのところにあるエステサロン「REVI(ルヴィ)スキンケア研究所東新宿院」。ここで、“飛びっきりのヒト幹細胞”を使った施術が受けられるのだ。再生医療の現場で研究が進められている、幹細胞の技術。ニュースでは見聞きしたことがあったけれど、名越が初めて“幹細胞美容”の存在を知ったのはおよそ10年前。当時通っていたエステサロンのお手入れで導入され、「美容面でも使えるようになるなんて……!」と感激したことを覚えている。当時は珍しかった幹細胞コスメも、今や何を選べばいいのかわからないほどバラエティー豊かになってきた。幹細胞は大きく分けて3種類ある。ヒト由来、植物由来、動物由来のものだ。そんな中でも希少価値が高いとわれているのが、今回ご紹介する“延髄由来のヒト幹細胞培養液”。延髄由来というのはつまり神経細胞のこと。脂肪幹細胞、臍帯血幹細胞とヒト幹細胞培養液にもさまざまあるが、一体何が違うのだろうか。

 「そもそもヒト由来の幹細胞培養液には、人の細胞そのものに働きかける成長因子をはじめ、百十種類の活性物質が含まれているのでどんな悩みにもオールマイティーに応えてくれる力があります。」というREVIのサロンスタッフさん。皮膚の本来の機能を取り戻し、回復を促す。皮膚組織の主要な構成成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの大元となる線維芽細胞に働きかけ、ハリと弾力をUP。ターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりを活性化してくれるのだという。これだけでも「ありがとうございます!」と声を上げたくなるのだが、さらにうれしい言葉が。「その中でも、延髄由来のものは肌への伝達力が飛び抜けているんです。つまり、肌への効果実感が違うんです」そんなことを聞いてしまったら、もうやるしかないでしょ。前のめりぎみに、施術スタート!

高圧スプレーガンでぐんぐん浸透

 まずは肌の状態を整えるために、クレンジング、洗顔、ゴマージュを。ある意味写真映えする、このたっぷりの泡洗顔。なんだかもう優しさに包まれて、このまま眠ってしまいそうなほどの心地よさよ。

 さて、肌が柔らかくなったところで登場したのが、高圧スプレーガン!これで延髄由来のヒト幹細胞培養液を顔全体に噴射し、より肌に届くようアタック。これまた気持ちのいい刺激なのだけど、おや……?もうすでに肌がツルッとしてきたような……?

 仕上げはこちら。医療レベルで管理された優秀な幹細胞を選び“不死化”させた(!)という美容液。不死化させたことで安定した幹細胞が誕生、230種類以上の成長因子が含まれているそうだ。この施術だけで、肌が成長因子祭り。この1年、酷使してしまった肌が息を吹き返していく特別な時間。

新年は、とびっきり気持ちいい肌で

 「わ……!これこれ!」と思わず喜びの声が漏れてしまった施術後。表面だけではない、内側からしっかり潤ったときに感じるモッチリとした肌の感触に、ひたすら感激。これが延髄由来のヒト幹細胞培養液のすごさか……!と、深く納得。砂漠状態の疲れ切った肌にみずみずしさが戻り、肌も気分も最高!今年1年の肌の不調をリセットしてくれるごほうびエステで、22年、気持ち良くスタートを切ろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら