ファッション

スイスのアウトドアブランド「ロジャーエーガー」が復活

 スポーツウエアを企画・生産するマイノリティー(東京)は、スイスのアウトドアウエア「ロジャーエーガー(ROGER EGGER)」を2022年春夏物から本格的に販売する。これに先立ち、クラウドファンディングのキャンプファイヤーでの先行発売を15日から開始した。12月下旬から一部店舗での販売を始める。

 「ロジャーエーガー」は登山家に向けたダウンジャケットで知られるスイスブランド。しばらく休止されていたが、日本で同社が再び展開することになった。

 現在クラウドファンディングで先行発売されているトリアテックインサレーションジャケットは、断熱素材「エアロゲル」、高熱伝導新素材「グラフェン」、撥水素材「エピック」といった高機能のマテリアルを採用。シンプルな機能美によってアウトドアシーンでも街着としても着用できる。定価6万4900円(税込)のところを5万8410円(同)で販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。