ファッション

「ビックリマン」とコラボした子ども服&雑貨 袋を開けるドキドキがよみがえる!

 F・O・インターナショナル(兵庫、小野行由社長)の子ども服ブランド「ブリーズ(BREEZE)」は11月19日、ロッテのチョコレート菓子「ビックリマン」とコラボした服や雑貨を全国に147ある「ブリーズ」の店舗で発売する(追って公式オンラインストアでも販売)。同社が菓子メーカーと協業するのは初。

 デザインは、「ビックリマン」の中でも人気の高い“スーパーゼウス”“ヘッドロココ”“ブラックゼウス”の3キャラクターを採用。スエット(税込2750円)は背中にキャラクターをホログラムプリントし、胸には「ビックリマン」のロゴをワッペンで付けた。さらに裾に、シールの裏面をデザインしたネームをあしらう。クッション(2750円)はシールそのものを模したもので、素材はデニム。ファスナーを開けると、中からウエハースチョコ柄のクッションが出てくる仕掛けだ。ソックス(550円)はライン入りで、キャラクターの顔をワンポイント刺しゅうで入れた。ボクサーパンツ(550円)とマスク(550円)はキャラクターとロゴを組み合わせた総柄で、マスクは“スーパーゼウス”の杖をネームでアクセントにしている。

 ボクサーパンツ、ソックス、マスクには、7cm四方のビッグシール(レアを含めて9種類)をランダムで封入する。広報担当者は、「『ビックリマン』ならではの、開けるときのワクワク感、シールを集める楽しさを感じてほしい」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら