ファッション

「グッチ」がゲーム機XBOXと初コラボ 特別なセットを11月19日に発売

 「グッチ(GUCCI)」は、マイクロソフト(MICROSOFT)のゲーム機“エックスボックス(XBOX)”と初コラボし、世界限定100台の特別なセット“グッチ エックスボックス バンドル”を発売する。価格は税込110万円。エディションナンバー入りで、日本では11月19日にグッチ渋谷パルコと公式オンラインショップで販売する。グッチ渋谷パルコでは、“グッチ エックスボックス バンドル”の発売とショップの2周年を記念して、公式アプリ内の“グッチ アーケード”のゲームやプリントシール機を楽しめるコーナーもオープンする。

 “グッチ エックスボックス バンドル”は、 GGパターンをレーザーエングレービングした“エックスボックス シリーズ エックス コンソール”と、「グッチ」のウェブ ストライプを模したブルー×レッドのラインを入れたワイヤレスコントローラー2台、それらを収納するハードケースで構成される。ハードケースはベージュのGGスプリーム キャンバスをイエローのレザートリムが引き立てるデザインで、コントローラーとリンクするブルー×レッドのラインをあしらう。さらに表面には“XBOX”、裏面には“GOOD GAME”の文字をグリーンで入れ、ケースを開けると同じくグリーンのコンパートメントが現れる仕様だ。

 「グッチ」は1921年にイタリア・フィレンツェで創設し、今年100周年を迎えた。これまでにもオリジナルゲームを開発して公式アプリに導入したり、人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」とコラボしたりするなど、ゲームの世界に積極的にかかわってきた。“エックスボックス”は2001年にマイクロソフトが開発。今年20周年を迎え、世界中に30億人以上のプレイヤーを抱える。「互いのアニバーサリーを祝して、初タッグが実現した」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら