ファッション

「カルティエ」が愛の美しさを表現する映像“LOVE IS ALL”公開 リリー・コリンズら12人のアーティストが出演

 「カルティエ(CARTIER)」は、愛をテーマにしたムービー“LOVE IS ALL”を11月16日に公式サイトなどで公開した。

 同ムービーには、女優のリリー・コリンズ(Lily Collins)やエラ・バリンズカ(Ella Balinska)、モニカ・ベルッチ(Monica Bellucci)、ゴルシフテ・ファラハニ(Golshifteh Farahani)、メラニー・ロラン(Mélanie Laurent)、アナベル・ウォーリス(Annabelle Wallis)、メイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)、モデルのマリアカルラ・ボスコーノ(Mariacarla Boscono)、ピアニストのカティア・ブニアティシヴィリ(Khatia Buniatishvili)、ミュージシャンのトロイ・シヴァン(Troye Sivan)、ウィロー・スミス(Willow Smith)、ジャクソン・ワン(Jackson Wang)といった、“フレンド オブ メゾン”の12人が出演。イギリスの映像監督兼ファッションフォトグラファーのシャーロット・ウェールズ(Charlotte Wales)が監督を務め、パリとロサンゼルス、上海で撮影した。

 音楽には、1970年代にロジャー・グローヴァー(Roger Glover)とロニー・ジェイムス・ディオ(Ronnie James Dio)が手掛けた「LOVE IS ALL」を使用。ポップなメロディーにのせて、“Everybody’s got to live together (人は誰かと生きていくもの)”というメッセージとともに、カルチャーやアートといった多様性の重要さと、メゾンのビジョンである普遍的かつ不朽の愛や美しさ、力強さなどを表現した。

 アルノー・カレズ(Arnaud Carrez)=カルティエ シニア ヴァイス プレジデント & チーフ マーケティング オフィサーは、「人が集まれば、より力強くオーセンティックな魅力を放つという考えが、『カルティエ』のフィロソフィーにある。だからこそ、祝福を込めて人生を慈しむアーティストたちによる、インスピレーション豊かなコミュニティーが今回ひとつになった。彼らは、重力に逆らうように『カルティエ』のレッドボックスを喜びで満たしていく」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら