ファッション

「プーマ」 × 「メゾン キツネ」コラボ第2弾 キツネ刺しゅう入りの“プーマ スエード”やダブルロゴのフーディーなど

 「プーマ(PUMA)」は、「メゾンキツネ(MAISON KITSUNE)」とのコラボコレクション第2弾を11月13日に発売する。「プーマ」のスポーツスタイルに、「メゾン キツネ」のフレンチテイストを融合したスニーカーとアパレル、アクセサリーをそろえる。「プーマ」公式オンラインストアやプーマストア 原宿キャットストリートなどの直営店、「メゾン キツネ」青山店、伊勢丹新宿メンズ館店などで扱う。

 スニーカーは、50年以上愛されている名作“プーマ スウェード(PUMA SUEDE)”をクレープソールと水色のフォームストリップ、キツネの刺しゅうでアレンジした“スウェード クレープ キツネ(SUEDE CREPE KITSUNE)”(税込1万9800円)と、“ミラージュ スポーツ(MIRAGE SPORT)”を青とベージュのカラーブロックに落とし込んだ“ミラージュ スポーツ キツネ(MIRAGE SPORT KITSUNE)”(同1万6500円)の2型を用意する。アパレルは、左胸に両ブランドのロゴを施したクルーネックスエット(同1万5400円)やフーディー(同1万5400円)、リバーシブルのボンバージャケット(同4万2900円)、撥水加工を施したポンチョ(同3万800円)などで、アクセサリーはニットキャップ(同4950円)やキャップ(同5500円)、バックパック(同9790円〜1万100円)などをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら