ビューティ

“お浄めコスメ”の愛称で親しまれる「おいせさん」が提案する 心に効くアイテムとは

有料会員限定記事

 マルチニークによる「おいせさん」は2014年の誕生以来、三重県伊勢市の直営店や、オンラインショップ、コスメキッチンをはじめとするセレクトショップなど販路を拡大している。“お浄(きよ)めコスメ”の愛称で親しまれる「おいせさん」のコンセプトは「ココロとカラダの浄化」だ。パッケージに描かれている“おいせさん”は、お参りをすることが何よりも好きで、日々の感謝の気持ちを大切にするきれいで聡明な女性。「おいせさん」を手にした人が彼女のように日々の暮らしに感謝をし、生活できる喜びを感じてもらいたいという思いを込めている。(この記事はWWDジャパン2021年10月25日号からの抜粋です)

 岸野一雄マルチニーク代表は、「近年、東日本大震災や気候変動、新型コロナウイルスなど、簡単には立ち向かえないようなことがたくさん起きている。自分では立ち向かえないものに対して、冷静であるための安心材料が求められているのだろう。“風の時代”に突入したといわれ、スピリチュアルへの盛り上がりを日増しに感じている。気持ちが落ち着ける、自分が安心できるものへの需要はますます高まるだろう」と分析する。

この続きを読むには…
残り451⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら