ビューティ

星座や誕生石に着想を得たコスメが人気 「ジルスチュアート」のファンの心をつかむプロモーション

有料会員限定記事

 コーセーの「ジルスチュアート」は、2015年に初めて12星座をモチーフにしたネイルカラー“ホロスコープネイルズ”を発売した。その後17年には誕生石にインスピレーションを得た“バースジェム グロス”を、20年には星座石をモチーフにした“ラッキー ジェムマイリップス”を発売。いずれもモチーフとなる星座や誕生石と色みを連動させて、毎月1色ずつ数量限定で発売することで特別感のあるアイテムになった。(この記事はWWDジャパン2021年10月25日号からの抜粋です)

 「15年当時はネイルブームでブランドの主軸アイテムであり、ギフトとしての需要も高かったネイルで星座モチーフを提案した。2回目以降は、ネイルに比べて本数を持っていることの多いリップに変更。自分の星座や誕生石を選んでの購入はもちろん、友人へのバースデーギフトとしての需要が高い。ブランドを象徴する製品でありプロモーションになっている」と戦略ブランド事業部の菊池明日香ジルスチュアート ブランドマネージャーは話す。ブランドのコアターゲット層である20代の女性をはじめ、占いに興味関心をもつ新規客も取り込んでいる。コロナ禍でリップの需要が落ち込む中、ティントタイプだったことも奏功し、マスクの下でもリップを楽しみたいというニーズの掘り起こしにつなげた。

この続きを読むには…
残り410⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら