ファッション

ユニクロ「+J」、11月12日に発売する21-22年秋冬を公開 コラボ“第2章”はこれで終了

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、デザイナーのジル・サンダー(Jil Sander)氏とのコラボレーションライン「+J」の2021-22年秋冬物を11月12日に発売すると発表した。商品ラインアップはウィメンズ42型、メンズ32型。併せて、同氏とのコラボ「第2章」は21-22年秋冬をもって終了するとも発表した。「+J」は09年秋冬〜11年秋冬に販売した後、休止して20年秋冬に復活販売していた。「第2章」と呼んでいるのはその経緯ゆえ。

 ウィメンズ、メンズの全商品は国内234店と公式ECで販売し、一部商品は国内全店舗で扱う。スーピマ綿のボタンダウンシャツやカシミヤセーター、カシミヤ混のラップコート、構築的なダウンアウターやMA-1ブルゾンなど、「+J」らしさの詰まった商品がそろう。引き続き、リラックス感のあるスエットセットアップなども充実。色合いは定番の黒やネイビー、ダークグレー、カーキに加え、鮮やかな赤や白を差してポイントにする。

 価格帯はアウター9900円〜2万9900円(税込)、シャツ3990円〜1万4900円、ニット4990円〜1万7900円、カットソー1500円〜5990円、パンツ4990円〜9990円、スカート7990円、ドレス5990円〜7990円、雑貨2990円〜1万5900円。

 サンダー氏は「このコレクションでは、あらゆる人にソフィスティケーション(洗練)をもたらすことを目指している。そのために新しい快適さを感じさせる特徴的なシルエット、センシュアルなテクスチャー(素材の質感)、贅沢なテーラリングに集中した。日常が戻りつつある中でも誰もが守られていたいと感じている。そこで、ほどよいフィット感のある新しいオーバーサイズシルエットと、冬にふさわしい最高水準の豊かな(商品)ラインアップを追求した」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら