ビューティ

水原希子が「ラックス」の新ブランドアンバサダーに就任

 ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングが展開するトータルビューティケアブランド「ラックス(LUX)」は、ブランドビジョンをリニューアル。新たに“BRAVE VISION 2030”を掲げ、その象徴としてモデルや女優として活躍する水原希子氏をアンバサダーに起用した。新テレビCM“私をすすめるのは、私。”篇を9月27日から全国で放映開始する。

 時代が移り変わるとともに、人々の“美しさ”のとらえ方も変わり、現代では容姿だけにとらわれない“生き方”そのものを反映するものとしても考えられつつある。“BRAVE VISION 2030”は、「自分自身を美しいと思えることが自信になり、一歩踏み出す勇気につながる。そしてその踏み出す姿勢こそが美しい」という同ブランドが大事にしていく信念を表したものだ。それを体現する勇敢な(=BRAVE)女性の代表として水原氏を起用するに至った。

 CMでは、現代を生きる人々に向けて「自分で自分を引き止めることなく、勇気を持って踏み出そう」というメッセージを発信する。映像内で「諦めるたび、ほっとしていた。やらない理由を探していた」と語る過去の水原氏が、ダメージケアで美しくなった髪によって自信を持ち、「踏み出すことも傷つくことも恐れない」と“BRAVE”に変化。一歩踏み出していく姿勢を映し出す。

 なお9月14日に“ラックス ブランドリニューアル発表会”を開催。その中でアンバサダーに起用された感想を聞かれた水原氏は「以前からかっこいい女性がCMに出ているという印象があり、そのアンバサダーに選んでもらえてとてもうれしい。ブランドのオフィシャルサイトには女性の活動を応援するメッセージなどが公開されていて、私自身も参考になったので是非見てほしい」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら