ビューティ

松屋・秋田正紀社長×三原薫子バイヤー 化粧品ならではの体験価値で顧客ともっと親密な関係に

有料会員限定記事

 銀座を拠点にする松屋は、インバウンド(訪日客)の激減や都心への外出控えなどの打撃を他店以上に受けた。だが、秋田正紀社長は現場の危機感をバネにした改革に手応えを感じている。中でも百貨店の顔である1階の化粧品売り場では、ソーシャルディスタンスを保ちながら顧客を満足させる手法に知恵を絞ってきた。若手の代表として化粧品売り場で奮闘してきたのが三原薫子バイヤーだ。(この記事はWWDジャパン2021年7月19日号からの抜粋です)

WWD:松屋で化粧品売り場の位置付けは?

秋田正紀社長(以下、秋田):化粧品には集客力がある。固定客作りにも寄与してくれる。さらに化粧品を買ったお客さまは他の売り場も買い回る。つまり百貨店の起点となる重要なカテゴリーだ。最近は商品も販売手法も旬を強く打ち出しているので、1階にあることで季節感まで演出してくれる。

三原薫子・化粧品バイヤー(以下、三原):大切にしているのは銀座という土地柄。各ブランドは洗練された美しさを軸として、銀座らしい格式のある表現をしている。以前のコスメカウンターはハードルが高いと思われがちで、一度座ったら買わないといけないのではないかと感じてしまうお客さまが少なくなかった。今はだいぶ変わった。オープンな雰囲気でお客さまにお声掛けし、気軽にさまざまな商品を試せるようになった。

WWD:松屋はコンサバな客が多い?

この続きを読むには…
残り2097⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら