ビジネス

阪急阪神百貨店・山口俊比古社長×北尾順一OMO推進部マネージャー リアルとネットの融合で最高の化学変化を起こす

有料会員限定記事

 阪急阪神百貨店は全社一丸となってOMO(オフラインとオンラインの融合)を推進している。旗艦店の阪急本店(阪急うめだ本店、阪急メンズ大阪)を筆頭に、リアルならではの魅力を追求する“劇場型百貨店”を旗印にしてきた同社にとって戦略の大転換となる。山口俊比古社長の野心的なビジョンを受けて、OMOの要を担う北尾順一マネージャーは現場で奔走している。(この記事はWWDジャパン2021年7月19日号からの抜粋に加筆しています)

WWD:社内の司令塔として新たにOMO推進室を設けた。

山口俊比古社長(以下、山口):4月1日付でデジタルイノベーション推進室を改編した。従来はオフライン(店舗)事業にデジタルを活用しようとしてきた。これをさらに発展させ、お客さまと百貨店の関係は今後全てOMOになることを前提に体制を組み替える。販売促進、マーケティングなどの機能もOMO販売推進室に再編した。会社の隅々までOMOに対応した組織にする。

北尾順一・OMO推進部ディヴィジョンマネージャー(以下、北尾):私の役割は会社の中のハブ。山口社長のビジョンを一番理解し、各部門が自走できるように促す。反対に現場で生じた課題を整理し、経営陣にフィードバックする。OMOは即行動で、走りながら考える。OMOは営業活動だけでなく、総務、人事、法務などの管理業務にも波及する。すごいスピードで課題をあぶり出し、たとえ生煮えの状態でも山口社長と共有するようにしている。

WWD:具体的にはどんな話し合いがあるのか。

北尾:2021年3月期の決算発表の際、オンライン(ECとリモオーダー)の売上高で3倍の270億円を目指すと発表したが、それを実現するには運営体制はどうあるべきか。ウェブ決済システムのリモオーダーは現状10億〜20億円の規模だが、100億円以上をにらんだ場合、さらなる改善が欠かせない。そんな相談を頻繁に社長としている。

この続きを読むには…
残り2279⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら