ビジネス

三越伊勢丹「ファンの熱」を拡散 UGCマーケティングに本腰

有料会員限定記事

 三越伊勢丹が口コミを活用したUGC(User Generated Content)マーケティングに本腰を入れている。企業側が一方通行で仕掛ける広告だけでは消費者に響かない。SNSを通じて個人がメディアになる時代は、影響力を持つ個人が発信する情報が共感を呼び、拡散される。SNS上の口コミの数がウェブでの指名検索にもつながる。集客のために広くマス(大衆)に網をかけるのではなく、熱烈なファンとの関係を深く構築するために何をすべきか。現場では新しい取り組みが相次いで始まっている。 (この記事はWWDジャパン2021年6月28日号からの抜粋です)

 テーブルに並べられたアイシャドウパレットを前に会話が弾む。

 「光れば光るほどいい。ラメがないと死んでしまう」「私は粉質重視かな」「限定品に弱いんです」

 伊勢丹新宿本店近くのビルで同店の公式サポーター「イセタニスタ」の女性4人による座談会が行われていた。各社のアイシャドウパレット、マスカラ、アイライナーを比較して、鋭い意見が交わされる。その模様は近日中に三越伊勢丹のサイトにアップされる。

 イセタニスタは同店の熱量の高いファンを組織化したものだ。ファッション、ビューティ、食、インテリアなどに一家言を持ち、インスタなどのSNSで数千から数万のフォロワーを持つ人を対象に募集をかけ、およそ6倍の競争率の中から選ばれた。昨年秋に試験スタートした0期生と、今春の1期生を合わせて91人が活動する。構成は20〜50代の学生から経営者までさまざま。半年で77回の体験会、撮影会、座談会、オフ会などを実施し、時にはバイヤーとの商品会議にも出てもらった。その様子は各自のSNSで拡散される。

 同社MD統括部の松岡史育氏は「熱量の高いリアルな声が、お客さまからお客さまに広がることが大切」と強調する。熱心な伊勢丹ファンはこれまでも多く存在した。その人たちにバイヤーや販売員との特別な交流の場を設けることで、伊勢丹の舞台裏まで知ってもらい、さらにロイヤリティーを高める。イセタニスタからは「ずっと片思いだったのが、両思いになれた」「私たちと伊勢丹のスタッフの皆さんは同志だと思う」という感想が届く。そんな熱い思いがSNSで拡散され、新しい顧客の呼び水になる。インスタで紹介された赤ちゃんの布団代わりになるスリーパーや、「ミラブル」のシャワーヘッドには問い合わせが殺到した。

この続きを読むには…
残り1415⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら