ファッション

「ブランドの意識を変え、サステナを業界に広めるには?」 OEM社長とコンサル対談

有料会員限定記事

 「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」というジャストインタイムを骨子とするトヨタ生産方式(立ちミシン方式・トヨタソーイングシステム。以下、TSS)を導入して以降、進化し続ける東京・両国のOEM企業、精巧の近江誠社長が、「WWDJAPAN」で「ファッション業界のミカタ」を連載する在庫最適化コンサルタントの齊藤孝浩ディマンドワークス代表と、他の業界でのコンサル経験からアパレルの大量生産・大量廃棄に警鐘を鳴らす岸良裕司ゴールドラット・ジャパン最高経営責任者(CEO)と対談。業界が大量生産・大量廃棄という現状から脱却するための戦略を練った。(この記事はWWDジャパン2021年6月28日号からの抜粋です)

岸良裕司ゴールドラット・ジャパンCEO(以下、岸良):TSS導入に始まった精巧のモノづくり改革は、「デザインが良ければ、買ってくれる」という感覚から脱却できないアパレル業界にとって、希望の星ですね。アパレルと違って、自動車は何万もの部品を使っているのに、ジャストインタイムのサプライチェーン網を確立しています。

齊藤孝浩ディマンドワークス代表(以下、齊藤):日本のアパレル業界のサプライチェーンは、歴史的に分業、特に“丸投げの分業”になってしまっています。

岸良:一方で建設業やメーカーでは、近江社長のような2代目が改革を続けています。他の業界、他の企業で学んだ考えを取り入れているんです。

近江誠・精巧社長(以下、近江):社長に就任したのは、1990年。当時の売上高は34億円でしたが、借入金が27億円もありました。そこで、「少ない受注でも利益が出せる体質にしよう」との思いでTSSを導入して、5年ほど前、無借金経営になりました。

岸良:次はサステナブルな発想を業界に広げたいですね。

近江:おっしゃる通りです。3D CADを含むDXしたサプライチェーンをアパレルに提案すべきなのか?小売りなのか?それとも、D2Cブランドなのか?と考えています。

この続きを読むには…
残り732⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら