ファッション

シティ・ポップ再燃で注目の永井博のTシャツやバッグ 展覧会も開催

 PR会社のトゥッティ フルッティは、イラストレーターの永井博とコラボレーションしたロングTシャツとバッグを6月23日に発売する。

 ロングTシャツ(税別8200円)は“silent pool”と“rose garden”の2種類で、トートバッグ(同3800円)は“tutti frutti”の1種類を用意する。懐かしさと非日常を同時に感じる作品を選定したという。コラボアイテムは同社のEC事業の一環で、公式オンラインストアで取り扱う。

 また、永井は画集「FAVORITE」の刊行を記念した展覧会を代官山の蔦屋書店で6月21日~7月19日に開き、会場で「タコマフジレコーズ(TACOMA FUJI RECORDS)」とコラボしたTシャツを7月1日に発売する。コラボTシャツ(税込7480円)は“THE MOUNTAIN”と“THE CAR”の2種類を用意する。

 永井博は徳島県出身のイラストレーター。人気が再熱しているシティ・ポップのアートワークを多く手掛けたほか、大瀧詠一の「ア・ロング・バケイション(A Long Vacation)」のジャケットを担当したことでも知られている。

■「Hiroshi Nagai Exhibition FAVORITE」
日程:2021年6月21日~7月19日

場所:代官山 蔦屋書店 2号館1階ギャラリー

住所:東京都渋谷区猿楽町16-15

入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら