ファッション

ビヨンクールがフランス時計「リップ」の日本代理店に

 輸入代理店のビヨンクール(東京都、荒井正敏社長)はこのほど、フランスの時計ブランド「リップ(LIP)」の日本における独占輸入販売権を取得し、4月下旬に発売する。同権利は2020年12月末までDKSHジャパン(東京都、石原滋社長)が所有していた。

 「リップ」は1867年、フランス東部の都市ブザンソンで創業。ニューヨーク近代美術館(MOMA)のパーマネントコレクションにもなっている“マッハ2000”や、レクタンギュラーケースの“チャーチル”などがシグネチャーモデルだ。

 販路は引き続き時計専門店やセレクトショップなどで、価格については「内外格差があったため、一律10~20%下げて適正化する」(渡辺雅己「リップ」ブランドマネジャー)という。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら