ファッション

ロンドンの時計「オリビア・バートン」がアクセサリーラインを日本で始動

 ビヨンクール(大阪、荒井正敏・社長) が日本の総代理店を務めるロンドンの女性用ウオッチブランド「オリビア・バートン(OLIVIA BURTON)」は、メーンモチーフであるハチやリボン、花を使ったアクセサリーラインを、ビヨンクールの直営店であるエイチエムエスウォッチストア(HMS WATCHSTORE)やオフィシャルECサイトで6月8日から販売している。アクセサリーラインは英国では2016年から発売しており、日本でも展開を求める声があった。

 リング、ブレスレット、ネックレス、ピアスをラインアップし、カラーは時計コレクションと同じくシルバー、ローズゴールド、イエローゴールドの3色。価格は5500円から1万円だ。ビヨンクールの山本永里子プレスは「時計と、モチーフやカラーを合わせてコーディネートしてほしい」と話す。

 ハチの羽まで細かく表現した“3Dビー(3D Bee)”、デイジーの花を上品にあしらった“3Dデイジー(3D Daisy)”、ビンテージテイストのロープリボンを女性らしく再定義した“ビンテージボウ(Vintage Bow)”など5モデルを発売する。

 同ブランドは、英国人のリーザ・ベネット(Lesa Bennett)とジェマ・フェニングス(Jemma Fennings)の2人が12年にスタートさせた。主にミレニアル世代向けに2カ月ごとに新商品を発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら