ビューティ

新作から見る2021年春夏のスキンケアトレンド “マスク荒れ”などコロナニーズにアプローチ

有料会員限定記事

 2021年春夏のスキンケアは、新型コロナウイルスの影響で増える肌トラブルに対応するアイテムが目立った。マスク着用による“マスクネ(マスク+アクネの造語)”や“マスク荒れ”に加え、ストレスや生活習慣の乱れなどで肌の不調を訴える人が増えている。今季は、そんなニューノーマルの肌ニーズに応えるアイテムが目白押しだ。中でも特筆すべきは、“低刺激”や“敏感肌向け”の処方。自分の肌を敏感に感じる人はウィズコロナ時代に増えている一方で、高い機能性や効果実感を求めるニーズは依然としてある。そのため、低刺激処方でありながら機能も妥協しない製品が続出している。そんな新たな肌ニーズにアプローチした新製品から、編集部注目のアイテムをピックアップする。(この記事は「WWDジャパン」2021年2月15日号からの抜粋です)


【TREND 1】
敏感な肌でも安心して使える低刺激処方

 マスクの着用により肌は長時間高温多湿な環境にさらされ、雑菌も繁殖しやすい。また肌とこすれることにより生じる摩擦も刺激の一因に。一方でマスクを外すと肌表面の水分が一気に蒸発して乾燥を招き、さまざまなトラブルを起こしうる。今季はそんなバリア機能が低下した敏感な肌にアプローチした低刺激処方のアイテムが続々登場する。

この続きを読むには…
残り215⽂字, 画像12枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら