ファッション

楽天がロンドン・ファッション・ウイークを支援 英国ファッション協議会と契約締結

 楽天は2月19日、ロンドン・ファッション・ウイークを主催する英国ファッション協議会(British Fashion Council以下、BFC)の活動を支援する契約を締結したことを発表した。19日に開幕した「ロンドン・ファッション・ウイーク フェブラリー 2021 (London Fashion Week February 2021)」からサポートを開始する。支援期間と金額は非公表で具体的な後援内容は明らかになっていない。

 楽天の松村亮・楽天執行役員コマースカンパニーヴァイスプレジデントは「本契約を通じて、世界中のデザイナーが参加するロンドン・ファッション・ウイークなどのファッションイベントを後援し、BFCと共にファッション産業の活性化に取り組めることを大変うれしく思う。楽天のECサービスにおいても、ファッションは大きく成長している分野の1つ。英国をはじめ、世界中から集まるブランドやデザイナーをエンパワーメントし、日本国内および海外のファッション業界をさらに盛り上げていきたい」とコメント。

 同社は2019年、日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)と東京ファッション・ウイークの冠スポンサー契約を結び、「楽天 ファッション ウィーク東京」を支援している。20年9月には日本発のファッションブランドを支援するプロジェクト「バイアール(by R)」を立ち上げ、東京を拠点にするファッションブランド「ダブレット(DOUBLET)」と「ファセッタズム(FACETASM)」のファッションショー開催をサポートした。楽天はロンドンにオフィスを構えており、英国国内では楽天アドバタイジング(Rakuten Advertising)や楽天TV、楽天Kobo、楽天バイバー(Viber)などのサービスを運営している。

 楽天のほかにも、中国第2位のEC企業JDドットコム(JD.com)や中国のファッションオンラインプラットフォームのファッションズー(FASHION ZOO)などのIT企業がBFCを支援している。

 LFWでは東京都と繊維ファッション産学協議会が主催する「東京ファッションアワード 2020(TOKYO FASHION AWARD 2020)」の受賞ブランドである「フミエ タナカ(FUMIE TANAKA)」などの6ブランドが参加を予定しているが、今回の楽天による支援とは無関係だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。