ファッション

楽天がロンドン・ファッション・ウイークを支援 英国ファッション協議会と契約締結

 楽天は2月19日、ロンドン・ファッション・ウイークを主催する英国ファッション協議会(British Fashion Council以下、BFC)の活動を支援する契約を締結したことを発表した。19日に開幕した「ロンドン・ファッション・ウイーク フェブラリー 2021 (London Fashion Week February 2021)」からサポートを開始する。支援期間と金額は非公表で具体的な後援内容は明らかになっていない。

 楽天の松村亮・楽天執行役員コマースカンパニーヴァイスプレジデントは「本契約を通じて、世界中のデザイナーが参加するロンドン・ファッション・ウイークなどのファッションイベントを後援し、BFCと共にファッション産業の活性化に取り組めることを大変うれしく思う。楽天のECサービスにおいても、ファッションは大きく成長している分野の1つ。英国をはじめ、世界中から集まるブランドやデザイナーをエンパワーメントし、日本国内および海外のファッション業界をさらに盛り上げていきたい」とコメント。

 同社は2019年、日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)と東京ファッション・ウイークの冠スポンサー契約を結び、「楽天 ファッション ウィーク東京」を支援している。20年9月には日本発のファッションブランドを支援するプロジェクト「バイアール(by R)」を立ち上げ、東京を拠点にするファッションブランド「ダブレット(DOUBLET)」と「ファセッタズム(FACETASM)」のファッションショー開催をサポートした。楽天はロンドンにオフィスを構えており、英国国内では楽天アドバタイジング(Rakuten Advertising)や楽天TV、楽天Kobo、楽天バイバー(Viber)などのサービスを運営している。

 楽天のほかにも、中国第2位のEC企業JDドットコム(JD.com)や中国のファッションオンラインプラットフォームのファッションズー(FASHION ZOO)などのIT企業がBFCを支援している。

 LFWでは東京都と繊維ファッション産学協議会が主催する「東京ファッションアワード 2020(TOKYO FASHION AWARD 2020)」の受賞ブランドである「フミエ タナカ(FUMIE TANAKA)」などの6ブランドが参加を予定しているが、今回の楽天による支援とは無関係だという。