ファッション

「オニツカ」のラグジュアリーラインが北京に出店 中国初

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」のラグジュアリーライン“ジ・オニツカ(THE ONITSUKA)”は1月27日、中国・北京にコンセプトストアをオープンした。

 北京市の繁華街にある商業施設、北京王府井銀泰in88(in88 Beijing Wangfujing Yintai)への出店で、同ラインの店舗としては中国初だ。

 店舗は“ジ・オニツカ”のキーカラーであるホワイト、チャコールブラックとレッドを基調にした内装。1階では“ジ・オニツカ”のシューズやレザーグッズなどを取り扱い、2階では「オニツカタイガー」のさまざまなアイテムを販売する。

 同ラインは2019年にデビュー。上質な日本製の“神戸牛レザー”を使用し、ドレスシューズのデザイン性とスニーカーの実用性を融合させたシューズを特徴としている。19年の11月、初のコンセプトストアを東京・渋谷パルコにオープンした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら