ファッション

「コシェ」新キャンペーン広告は、モデルをヌードに

 「コシェ(KOCHE)」は、2021年プレ・スプリング・コレクションのキャンペーンでヌードのモデルを起用した広告を打ち出した。洋服はデザインチームが作業をする風景に溶け込むよう背景にかけられ、ロゴがモデルの体の一部を隠すよう配置されている。キャンペーンは12日に公開予定だ。

 デザイナーのクリステル・コシェール(Christelle Kocher)は、「これは挑発的でありながら、全く別の性質も持っている。フォトグラファーのスージー(Suzie)とレオ(Leo)によるこのキャンペーンは、遊び心を持って裸の身体と洋服の対比を生み出している。美学や美術史、ファッションの典型的な表現法、チームの働く様子のドキュメンタリー、そして身体がいかに重要なトピックであるかについてなど、さまざまなレイヤーを取り込んだ」と語った。

 コシェール=デザイナーはまた、キャンペーンのアイデアは衣類の進化の物語を製造から表すことだといい、内容が搾取的であるとみなされることは心配していないと述べた。「意味のある作品には、ありのままを使用したい。人体は非常に政治的だ。キャンペーンでは支配ではなく、開放のイメージを提供している。ヌードは特にアートとして美しい。人気の女子や男子といったものではなく、ルネサンスの絵画をイメージして制作した」とコメント。

 「コシェ」は2014年設立。ストリートウエアや現代アートの要素を融合したスタイルが特徴だ。17年にインディーズの映画制作会社を通して、ダイバーシティ(多様性)や包括性をテーマとした短編動画を制作。19年には「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award」のグランドプライズに選ばれ、「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」などを擁するOTBの傘下で生産・販売を手掛けるスタッフインターナショナル(STAFF INTERNATIONAL)とライセンス契約を結んだ。「ナイキ(NIKE)」「エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)」「コンバース(CONVERSE)」といったブランドとコラボレーションも手掛けるブランドに成長した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら