ファッション

宮下貴裕「タカヒロミヤシタザソロイスト.」デザイナーがアイヴァンと眼鏡協業 渋谷パルコで先行販売

 「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)」のデザイナー、宮下貴裕が日本の眼鏡企業アイヴァン(EYEVAN)との協業により、眼鏡の新ブランド「タカヒロミヤシタザレフトアイ.(TAKAHIROMIYASHITATheLeftEye.)」を発売する。

 ファーストコレクションは日本製のサングラス2型で、価格は5万6000円と7万円。宮下はデザインについて、こう説明する。「『0000.』はジェームズ・ディーン(James Dean)が掛けていたようなサングラスをベースにし、⾸などに引っ掛けることができるよう、テンプルが伸びるデザインを開発した。⿐の部分が特徴的な『0001.』は、60年代のサングラスをベースにして、そこに“ニュー・ウェイヴ”をくっ付けている。この型は、⽇本⼈ミュージシャンたちへのオマージュでもある」とロック音楽好きの彼らしい発想だ。さらに、「洋服であればMサイズの⾝体を持っていてLサイズを着ることができるが、帽⼦や靴と同じで、眼鏡は⾃分にフィットしたサイズでなければダメなんです。どこかジュエリーに近い存在で、エターナルな美しいものだと捉えています。『Listen To This Glasses.』」とコメントした。

 同商品は、2⽉12⽇から14⽇まで東京・渋⾕パルコ1階にある「ポップ バイ ジュン(POP BY JUN)」で行うポップアップストアで先行販売され、来店者に記念のステッカーを、眼鏡の購入者に999部限定のスペシャルブックをプレゼントする。3⽉中旬に店舗で発売予定。

 アイヴァンは、“着るメガネ”をコンセプトとして1972年に誕生したハウスブランド「アイヴァン」を国内外で販売しており、クラシックとモダンを融合したデザインと、眼鏡職人の熟練したクラフツマンシップから生まれる高い品質に定評がある。六本木と日比谷の東京ミッドタウンなどに直営店を構える。

■「タカヒロミヤシタザレフトアイ.」ポップアップストア
日程:2⽉12~14⽇
場所:ポップ バイ ジュン
住所:東京都渋⾕区宇⽥川町15-1 渋⾕パルコ 1階

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら